トップページ >フードコーディネーターの世界 >フードコーディネーターとは?
フードコーディネーターの世界
フードコーディネーターとは?
活躍の舞台
活躍する学園卒業生紹介
[フードコーディネーターとは]

皆さんもご存知のように、食の世界には、調理師、管理栄養士、ワインや野菜のソムリエ、フードアナリスト、食生活アドバイザー、食育インストラクターなど、さまざまな資格があります。これらのほとんどは、それぞれの分野での専門的スキルや知識が問われる、いわゆる「スペシャリストの資格」と言えます。

フードコーディネーターは、それら専門資格とは異なり、食の世界におけるモノ・コト・ヒト・情報を総合的にコーディネートしていく仕事を担います。生活者の認知度も高く、食関連業界やマスコミにおいても、欠くことのできない資格となっています。

フードコーディネーターは、食の商品開発、レストランプロデュース、店舗のメニュー開発、雑誌など料理やスタイリング、販促・メディア企画など、フードビジネスのすべてに関わります。現代の日本において、食の問題は大きな社会的なテーマとなっていますから、食品メーカーや外食産業、マスコミ業界などからも大いに注目されている職業です。


[資格取得の方法]

フードコーディネーターの認定資格は、 非営利法人日本フードコーディネーター協会によって認定されます。

資格試験には、次のようなステップごとに設定されています。

   ● 食に関する幅広い知識が必要な入門レベルの「3級」
   ● 幅広い知識とコーディネート力が必要なアシスタントレベルの「2級」
   ● 食関連業界でのプロとして、プロジェクトリーダーとしても活躍できる「1級」

フードコーディネーター資格取得には、次の2つの方法があります。

  【1】日本フードコーディネーター協会の認定校でフードコーディネーター講座を受講する
  【2】直接、資格試験を受ける

専門学校や通信講座を受講しても、資格はとれません。なお、1級と2級については、3級資格取得後に実務経験を経て、受験することになります。

*当学園のフードコーディネータークラスを受講すると、卒業と同時に「3級認定資格」が取得できます。